Angels

ESSAY(2005年9月)|高田明美オフィシャルホームページ ~ Angels ~

  1. TOP
  2.  > ESSAY
  3.  > 2005年9月

ESSAY

2000年に立ち上げた旧公式サイトの日記を移転しました。今後の更新は、特別に残しておきたい思いがあった時に書くかも?

2005年9月

  • <久々のつれづれ日記>2005年09月22日

     9月もなにやらあわただしく過ぎていき、気がつけばあと1週間とちょっと…展覧会まで2ヶ月を切っているのに気がついて、ちょっと焦っています。ヨモの大病で呆然と過ぎてしまった時間。それは仕方ないかも知れません。これから、これから…

     急激に秋へと移った季節、このところ風が甘い匂いを運んできます。散歩の途中で銀木犀が咲いているのを見つけました。うーん、良い香り。虫集くなか、歩いていても気持ちのいい季節です。

    白く小さな蕾は可憐です いつの間にか枝枝に咲いていました

     深夜に入浴すれば虫の合唱もたけなわで、目を瞑って、今いる場所と、ちょっと追いつめられている時間を忘れます。虫の交響曲に浸ってリラックス。竹や檜の香りのスプレーを持って入ればすっかり温泉気分になれます。ところが、髪を洗いながら足元に目をやれば、水の中でもがく茶色い虫。まさかゴキブリ?それとも鈴虫?思わず手を伸ばして(逃げられると思っていたのに)つかんでしまいました。手の中でもがくそいつは、どう見ても茶バネゴキブリに見える。でも、もし秋の虫だったらどうしよう。悩む事しばし…ついに窓から離してやりました。手の中にある命、ゴキブリだろうが鈴虫だろうが、同じ事、そんな思いに駆られたかも知れません。台所で発見すれば、容赦なく撃退するくせに、我ながら不思議です。

     離してやったあと、手に残った触覚の切れ端で、やっぱりあいつはゴキブリだったなぁ、と思いながらせっせと手を洗いました。こんな形で「もののあわれ」を感じるのも秋だから?

     お口直しに1週間程前に撮った秋の空の写真を付けておきます。

    絹糸の束をぱあっと拡げたような雲 天高く澄んだ空

     海外版PATLABORのジャケットイラストも終えて、いよいよ個展に向けて仕切り直しています。現在、やまほどのラフを描きながら、ジュエリーも創っています。お楽しみに…
AngelTouch 高田明美オフィシャルブログ Powered by Ameba
  1. 骨格から作り直す

    2022/07/28 04:07

     今年前半までしばらくクリィミーマミ とオレンジ⭐︎ロードの作業が続いてい...

  2. 武蔵野坐令和神社「鎮座記念祭」奉納画 「天照大御神」

    2022/07/28 12:07

    武蔵野坐令和神社に奉納された天照大御神のアナログ描きかたプロセスを公式サイ...

  3. 『渚のミラクルデュエット』

    2022/07/22 03:07

     昨日は東急サマーセールのミニ複製画のサイン入れをして来ました。絵のタ...

  4. アマビエ様もお疲れ気味

    2022/07/11 12:07

     いつになったらおさまるのやら…… 暑い季節、マスクの中は水浸しです。...

  5. 夢で逢えたら♡

    2022/07/10 01:07

     七夕の夜に描いてアップする前に寝落ちした 織姫。夢の中で彦星に会えてニ...

2017年
2015年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

当サイトの内容・画像の無断転載、及び複製複写はについては固くお断り致します。

You may not alter or remove any trademark, copyright or other notice from copies of the content.

CopyRight©2022 Takada Akemi AllRights Reserved.